こんにちは。

ボイストレーナーの青木です。

 

TIPPLEはもちろんボイストレーニングスタジオですが、得意な楽器がある先生も多いです。

なので、ご希望でしたら楽器のレッスンもやってます。

私はギターが教えられますが、ベース、ドラム、ウクレレも基礎までなら教えられます。

今回の題名に楽器をやるのもオススメと書きましたが、何故でしょうか?

今日はそんなお話です。

 

ボイストレーニングの中で必須項目があります。

それは「リズム」です。

リズムってとても重要なのです。

もちろん、楽器が出来なくても、レッスンには何も問題はありません。

ただ、楽器が出来ると理解が早いのは事実です。

何故かを説明していきます。

 

ボーカルの勘違いしやすいことの一つに、イントロや間奏を「休憩」と勘違いしてしまうことが挙げられます。

歌うのに体力がいる曲などは、間奏を休憩と思ってしまってる方、少なくないのではないでしょうか?

 

これはNGです。

音楽と言うのは「リズム」だけではなく「グルーヴ」が大切だからです。

グルーヴと言うのはその曲の「ノリ」であり、そのノリの中にいないと、オケと歌が混ざらないのです。

ボーカルは確かに歌わない場所が存在します。

それゆえにそこは休憩と思いやすいですが、それは違います。

1曲通してグルーヴを出し続けることが大切なのです。

 

大事なのは「グルーヴに乗っかる」のではなく「自らグルーヴを出す」ことなのです。

楽器をやると、基本的にずっと演奏しますので、このグルーヴと言うのが実感しやすいのです。

オケと言う一つの塊ではなく、それぞれの楽器を感じることが出来、楽曲をより深く感じることが出来るのです。

 

と、硬く書きましたが、そんな難しい話ではないです。

楽器をやってみると分かります。

今まで住んでた家の設計図を見て、こんな感じになってたんだあって分かる感覚です。

そうです、仕組みが分かるのです。

 

なので、何か楽器やってみたいんだよねって生徒さんには、是非と薦めます。

何より楽器は楽しいですしね。

この生徒さんはベースにチャレンジしております。

もうすぐ1曲完成です。

セッションナイトでやるのが楽しみです。

 

それでは!

吉祥寺・渋谷・調布のボイストレーニングスタジオ TIPPLE

青木