「正しい」腹式呼吸のやり方基本編|胸式呼吸との違いと基本練習3STEP

正しい腹式呼吸のやり方

歌を練習しようとすると、必ず出てくるのが腹式呼吸です。歌の上達には基礎の基礎のように言われていますよね。

しかし、腹式呼吸のやり方が分からなくても歌は歌えるのに、なぜ腹式呼吸が必要なのでしょうか?

そこで今回は、腹式呼吸とはどんな呼吸法なのか、その仕組みや特徴をお伝えします。そして基本となる腹式呼吸の練習方法も紹介するので、腹式呼吸を身に付けたいのであればぜひこの記事でマスターしてみてください。

目次

腹式呼吸と胸式呼吸の違いについて

まず最初に、腹式呼吸と比較される胸式呼吸と合わせて、それぞれの違いや特徴を説明します。

胸式呼吸とは

まず胸式呼吸ですが、これは多くの人が普段の生活で行っている呼吸法です。息を吸うと肺に空気が入ると同時に肩と胸が膨らみます。

胸式呼吸の説明

試しに深呼吸してみてください。もし息を吸った時に肩と胸が上がったらそれは胸式呼吸です。

腹式呼吸とは

次に腹式呼吸です。腹式呼吸とは、横隔膜を下に動かして呼吸をする方法です。横隔膜とは肺の下にくっついている筋肉性の膜のことです。

腹式呼吸の説明

腹式と名前がついているため、意識的にお腹を動かして呼吸するように思えますが、少し違います。お腹ではなく横隔膜を下に動かすことで、肺が下へと膨らむことができます。

その結果、胸式呼吸に比べて肺がより多くの空気を取り込めることで、肩や胸は上がらずにお腹が膨らむんです。

腹式呼吸がなぜ必要なのか?

歌を練習しようとすると、腹式呼吸が大切だと言われますが、それはなぜなのでしょうか?

実際のところ、歌うだけであれば腹式呼吸は必須ではありません。たとえ胸式呼吸でも、本人が気持ちよく歌えるのなら、それで問題ないからです。

それでも腹式呼吸が推奨されるのは、今からお伝えする2つのメリットが大きいからです。

腹式呼吸の2つのメリット

メリット1:余計なところに力が入らない

よく言われることですが、良い歌を歌うにはリラックスすることが大切です。しかし、胸式呼吸では肩をはじめ、上半身がこわばってしまいます。

一方、腹式呼吸の場合は上半身がリラックスしたまま呼吸ができ、声がこわばらないため、歌唱力や表現力に差がつけられます。

メリット2:使える息の量が格段に違う

胸式呼吸では体にあまり空気が入らず使える息が少ないのです。

一方、腹式呼吸は胸式呼吸に比べて体にたくさん空気が入ります。その分、息を使った歌の抑揚や声量、ビブラートなどをコントロールできるようになります。

腹式呼吸は歌うことに適した呼吸法

以上お話したように、体がリラックスできること、そして同時に沢山の空気が取り込めること。歌にとても必要な、この2つの要素を満たすことから腹式呼吸は歌うことに適した呼吸法と言えるわけです。

正しい腹式呼吸のやり方

それでは、ここからは正しい腹式呼吸のやり方について紹介していきます。なぜ「正しい」と言うかというと、間違って覚えてる人が非常に多いからです。

これは私個人の統計ですが、これまで400人以上にボイストレーニングを教えてきた中で、9割以上の人が「間違った」腹式呼吸を身につけている、もしくは身につけようとしていました。

それは、「腹式呼吸」と意識するあまり、単に腹筋に力を入れてしまうだけの人が多いのです。これだと、体に力が入ってしまい胸式呼吸以上に、声の自由が効かなくなってしまいます。

そうならないために、この記事で正しい腹式呼吸を習得しましょう。これまで腹式呼吸の練習経験があるなら、読みながら確認してみてください!

腹式呼吸の基本練習

腹式呼吸のポイントは横隔膜の動かし方

繰り返しになりますが、腹式呼吸はお腹に空気を入れるわけではありません。普段動かさない横隔膜を下げた呼吸のことです。なので習得すべきは横隔膜の動かし方になります。

STEP1:呼吸を確認する

まずは大きく深呼吸してください。できれば、自分の姿を確認できるよう鏡の前に立ってやるのがオススメです。

深呼吸した時、胸や肩が上がったでしょうか?もし上がったのであれば、それは横隔膜がうまく下がっておらず胸式呼吸になってるということです。それが確認できたら次に進みましょう。

STEP2:息を一定に吐く

サシスセソのスで「スー」と息を吐きます。その時2つのことをしてください。

1つめは、息は強過ぎず弱過ぎず一定に吐き続けること。そして2つめは、お腹に手をあてて、ちょっと無理矢理にでもお腹を凹ませながら吐くことです。少し苦しいかもしれませんが、そのまま吐き切りましょう。

STEP3:息を吸うのではなく取り入れる感覚を掴む

次に、息を吐ききったら、ゆっくりと鼻から空気を取り入れてください。コーヒーや紅茶の匂いを嗅ぐようなイメージです。

腹式呼吸を身につける上での1番のポイントは吸おうと思わないことです。息を吸うのではなく、息を吐き切って凹んだお腹に自然と息が戻ってくるような意識を持ちましょう。

どうですか?完璧とはいかなくても、肩や胸は膨らみにくくなったはずです。それが本当の腹式呼吸です。

まとめ

腹式呼吸というと、よくお腹だけ膨らます人がいますが、それは違います。今回解説した練習法をなんとなくでもコツを掴んだら、そのまま繰り返して身に付けていきましょう。一度感覚を掴めれば、何度もできるはずです。

実はこれを会得すると更に上級の腹式呼吸が存在します。それを会得すると息を30秒以上吐き続けることも可能です。その分、歌に余裕が生まれ、様々なところがレベルアップします!

腹式呼吸を間違って覚えてしまうと、修正するのがやっかいです。正しく身につけて気持ちよく歌いましょう!

独学に行き詰まったら
いつでもご相談ください

チップルのボイトレ上達コラム「ウタタメ」ではできる限り、文章や動画で歌に関するお悩みを解決できるよう努めています。

とはいえ、「自分の発声は正しいのかな?」「トレーニングの方向性が合っているかわからない。」「自分にとって必要なトレーニングを教えてほしい」などなど「自分の場合はどうしたらよいのか?」直接プロのトレーナーに相談したい場合は、無料の体験レッスンにぜひ遊びにきてください。

体験ボイストレーニングは、吉祥寺・渋谷・調布のスタジオ、もしくはオンラインで受講頂けます。詳細は下記から御覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (9件)

目次