こんばんは!

ボイストレーナー加藤です!!

寒いと思いきや台風の影響で蒸し暑いですね。台風の周りの気温が熱くなる現象の名前。。なんでしたっけ?笑

熱くなったり寒くなったりで風邪を引いてしまったという生徒さんのお話をちらほら耳にしています。どうか手荒いうがいを徹底しましょう!

 

 

さて、本日はリップロールのお話です!

息を吐き出しながら唇をぷくぷくするやつ。発声レッスンのとき一番目に必ずやっています!

 

 

これ、ボイストレーニングでは必須です!

横隔膜も良く動くし、息の流れを確認出来るし、気管支は開いていて声帯は閉じている。

要は理想的な発声の状態です。(もちろんタングドリルでもOK!!)

高音欲しい方にオススメです!男性は特にミックスボイスを会得しやすいです!

普段の練習のときにオススメなのは好きな歌をリップロールまたはタングドリルで歌ってみて下さい!

注意点:①正しいブレスの位置でやってください②途切れる場合気管支に余計な力が入っています。無理だけはしないで下さい。途切れてしまったらブレスの箇所を増やしてください。

実践版:できれば1フレーズづつ声に変えていくと良い。

例えば『会いたい〜』というフレーズがあったとしたら①リップロールでやってみて気管支のリラックス状態を感じる。②インナーマッスルも自然と働くはずなのでどんな力加減なのかを感じる。

③声を入れて歌う。楽じゃん!とできたら④フルコースをリップロールで歌いきって、歌唱トライ!って感じがオススメ!!

これをやる際にまれにリップロールの時にも力んでしまう方もいるので要注意。リップロールで気管支が苦しいと感じる方はジャッジをしてくれるボイトレ教室に通う事をお勧めます。

 

高音って気管支が力みやすいのです。そのためにもリップロールでスムーズに正しい発声で歌えるように!みんなファイトです!!

ちなみにわたしは今でも歌う前にやっています!歌う前の最低限の準備体操と言えるでしょう!!

理にかなりまくっているのでリップロール大好きです!

 

 

よし!休憩終わったので今日も最高のレッスンかましてきます!!

では、また!!

ボイストレーナー加藤