こんにちは。

ボイストレーナーの青木です。

 

写真は去年の秋ライブから。

良い顔ですねえ。

歌には確実に一つだけ分かっていることがあります。

「あなたの声は世界に一つだけ」と言うことです。

レッスンで全体的に伸ばしていくことも大事ですが、その一つだけの声がどんなものか。

そこを見るレッスンを心がけてます。

そのために、TIPPLEボイストレーニングでは2つのことを注意深く見ているのです。

今日はそんなお話。

 

私も皆さんも世界に一つだけの声を持っています。

同じものを誰も持っていない声を鍛えると言うことは、一人一人に合ったレッスンが必要だと言うことです。

TIPPLEがマンツーマンレッスンを専門にやっている理由はそこです。

それが難しくもボイストレーニングの楽しいところであったりもするのです。

 

最初に、もちろん人それぞれですが「誰々のように歌いたい」って気持ちを持っている方って多いと思います。

大好きなアーティストがいて、そのアーティストみたく歌いたくて練習する。

でもそこには冒頭触れたことが壁となって現れます。

「そのアーティストも世界に一つだけの声を持っている」と言うことです。

なので、もちろんそのアーティストそのものになることは不可能です。

憧れてるアーティストになりたいって思ったこと、あるってことも多いと思います。(あー、一度ミックジャガーになってみたい)

 

では、ボイストレーニングとはどうやって理想に近づけていくのでしょうか?

TIPPLEではレッスンをしていくにあたって、2つの観点を大切にしてます。

・どんな声になりたいか

・どんな声を持っていて、どんな強みがあるか

このバランスがとても重要なのです。

なぜなら、「どんな声になりたいか」だけを追求し過ぎると「モノマネ」へと進んでしまう時があります。(モノマネが上手くなりたくてレッスン受ける方もいますので、その時はモノマネへの道を突き進みます)

逆に、声を活かそうだけすると、好きな音楽から遠ざかって歌を楽しめなくなる可能性があります。

たまに、好きな音楽と声がバッチリ過ぎる生徒さんもいますが、それは「ラッキー」で良いと思います。

皆さんがそうであるとは限らないのです。

 

そこで、この2つのバランスを注意深く見ながらレッスンしていくのです。

大好きなアーティストに近づいてほしい、だけど世界に一つだけの声を活かしてほしい

なので、こんなレッスンやってますよ。って言うのはありません。

一人一人に合ったレッスンをやっていきます。

なりたい声や歌い方とは何かを体感してもらいつつ、自分の声や強みってなんだろうってことも体感してもらう。

そのバランスの中で、一番良い「あなただけの歌」にしていく。

それが、自分の声を好きになってもらうことや、自分だけの武器を見つけることに繋がると思います。

 

先生たちのキャラ上、笑いが絶えないレッスンですが、何気に周到にそこを見ているのです。

そうすれば、「なりたいものにあなただけのアプローチで近づくこと」が出来るのです。

ただし、基礎があって成せる業なので、そこは皆さんしっかり身につけてもらってますよ。

 

それでは!

吉祥寺・渋谷・調布のボイストレーニングスタジオ TIPPLE

青木